Funguard では「タブ」の動作を細かく設定できます。
利用場面に応じた、お勧めのタブ設定をご紹介します。


  • できる限り Web ページ表示領域を広くとりたい : 「タブの一行表示」
タブの数が増えても常に一行分しか表示されないので Web ページ表示の邪魔になりません。
tab_000
[設定方法] タブ右クリック → タブの設定 → タ ブスタイルの変更 → 一行表示
 
※初期設定では一行表示となっています。


  • 多くのタブを開いた状態で使うことが多い : 「多段タブ」
タブ数に合わせて自動で二段、三段と増えていきます。数多く開いてもタブのサイズが変わらないのでどのページを開いているか一目瞭然です。
tab_001
[設定方法] タブ右クリック → タブの設定 → タブスタイルの変更 →  多段表示


  • ワイドモニタを利用している : 「縦置きタブ」
Web ページをワイドモニタで表示すると、コンテンツが中央にだけ表示され、左右の領域が無駄になってしまっていることが多くあります。タブを縦方向に並べることで、その領域を有効活用できます。
tab_002
[設定方法] タブ右クリック → タブの設定→ タブ表示位置の変更 → 左に表示 / 右に表示


その他、タブを閉じた時の動作を変更するなど、細かな設定が可能になっています。
詳しくはオンラインヘルプ お好みのスタイルに設定できるタブ をご確認ください。